本文へスキップします。

ホーム > 観光情報 > ショチョガマ

更新日:2019年7月24日

ここから本文です。

ショチョガマ

ショチョガマは秋名田袋を見下ろす山の中腹に建てた片屋根のことです。午前5時頃にショチョガマの上で太鼓を打ち鳴らし祭りを呼びかけます。また1年間に生まれた男の子を、ショチョガマの上に乗せて健康祈願をします。
日の出の前にショチョガマの前方左右に置かれたワラ枕の祭壇に、カシキ(赤飯)、焼酎、ミキの順に供え、神役のグージが祭詞をとなえ豊作祈願をします。ショチョガマの唄一節が終わると、ショチョガマの上の男衆や子どもたちが「ユラ・メラ」と掛け声をかけ左右に屋根を揺らし、午前6時30分頃、太陽が東の山の上に出る直前に揺すり倒します。その後、倒れた屋根の上で豊作を祈る八月踊りをし、ショチョガマの祭りが終わります。

ショチョガマ01

ショチョガマ02

Shochogama

Shochogama is a handmade bamboo and thatch platform.People look at the rice fields of Akina village from the platform.They play drums on it from 5am.It means that the festival has started.Also baby boys who were born within a year go up there and pray for their health.

Before the sun rises,people prepare for Shochogama by putting some red rice,shochu and miki(made from rice,sweet potatoes and sugar) on the platform.

A person acts as a god called Guji. He sings songs and prays for a good harvest.When the songs are finished, men and children shout”Yura Mera” and move their bodies from side to side.About 6:30am before the sun rises they trample the platform down.After that they dance around it.Then Shochogama is over.

関連記事

お問い合わせ

龍郷町役場 教育委員会

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4532

ファックス:0997-62-2074

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3