本文へスキップします。

ホーム > 観光情報 > 本場奄美大島紬

更新日:2019年7月24日

ここから本文です。

本場奄美大島紬

奄美大島を発祥の地とする絹織物で、日本の伝統的工芸品に指定されており、フランスの「ゴブラン織」、トルコ・イランの「ペルシャ絨毯」と並び、日本(奄美大島)の「大島紬」は、世界三大織物の1つとされています。

大島紬は軽くて暖かく、しわになりにくいのが特徴で、裏表がない丈夫なつくりに定評があります。親から孫へと3世代に渡り受け継ぐことができるほど丈夫でなおかつ、しなやかな肌触りは、世界中から注目されています。

製造工程は大きく分けて30~40工程ほどあり、1つ1つの工程が非常に複雑かつ繊細で、熟練した高度な技術を要するので、1本の反物が作られるまでに半年~1年程かかるといわれています。

製造工程の手間・品質などから高級品とされていますが、着物以外にも大島紬の生地で作られた小物などリーズナブルなものもあり、お土産としても人気です。

製造工程がみられる施設や、着付け体験ができる施設がありますので、ぜひ伝統文化に触れてみてください。

※「本場奄美大島紬」は、組合の認定を受けている紬だけをいいます。認定証が付けられ、他産地・他商品とは区別されています。

製造工程がみられる施設

着付け体験ができる施設

 

Amami Oshima Tsurugi

Amami Oshima Tsumugi is designated as a traditional craft Authentic Amami Oshima Tsumugi Silk Pongee.It consists of 100% silk .French Gobelin tapestry,Turkish Iranian Persian carpet and Japanese Oshima Tsumugi are the world’s most important textiles.

Oshima Tsumugi is light,warm in winter,cool in summer and less likely to wrinkle.It is so tough that it lasts for three generations.There are 30 - 40 manufacturing processes.It needs a high level of skill to make.It takes from 6 months to a year to complete a tenth of a hectare.Because of that,it is a luxury commodity.You can also get some reasonably priced Oshima Tsumugi goods as souvenirs.

There are places where you can watch the manufacturing processes and try Tsumugi on.

※Only Amami Oshima Tsumugi has the trade and industry’s certification label for Designated National Traditional Crafts.

お問い合わせ

龍郷町役場 企画観光課

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4512

ファックス:0997-62-2535

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3