本文へスキップします。

更新日:2020年7月22日

ここから本文です。

秋名アラセツ行事

令和2年アラセツ行事につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大のおそれを考慮し、秋名アラセツ保存会のみで開催いたします。(ショチョガマは中止)
観覧を予定していた方々には大変申し訳ごさいませんが、一般の方のご参加はご遠慮ください。

国の重要無形民俗文化財『アラセツ行事』とは

明け方に行われる『ショチョガマ祭り』と夕方の『平瀬マンカイ』の2つの祭事のことをさします。

祭りの歴史

祭りは那覇世(13~17世紀)の時代、奄美群島が首里王府の統治下にあった頃から行われていたといわれます。戦中戦後に途絶えていたのを昭和35年、秋名・幾里青壮年・婦人会が中心となって、秋名小学校後援のもと、秋名平瀬マンカイ保存会が設立されました(初代会長故窪田正徳氏)。

昭和46年村(町)の無形民俗文化財に指定

昭和57年県の無形民俗文化財に指定

昭和60年国の重要無形民俗文化財に指定

アラセツ

旧暦8月最初の丙(ひのえ)日を祭りとする。

アラセツ(新節)は火の神を祀り、火事がないように祈願する。

シバサシ

アラセツから7日目の壬(みずのえ)日を祭りとする。

シバサシは畑の神の祀りで、家の屋根・高倉・屋敷・田畑に柴(トウズキ)を立てて悪神をはらう土の神の祭り。

ドゥンガ

シバサシ行事の後、最初の甲子(きのえね)日を祭りとする。

先祖祭またはねずみの祭りとも言われている。

以上が三八月(ミハチガツ)と呼ばれます。ショチョガマ・平瀬マンカイはアラセツに行われます。

資料はこちら

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

龍郷町役場 教育委員会

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4532

ファックス:0997-62-2074

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3