本文へスキップします。

ホーム > 観光情報 > 鶏飯

更新日:2019年7月24日

ここから本文です。

鶏飯

奄美を代表する郷土料理『鶏飯』は、かつては薩摩藩の役人をもてなすために作られた高級な料理だったといわれています。以来、各家庭でも祝いの日などに作られる身近なおもてなし料理となり、お客様が来たときや、家族にうれしいことがあったときなどに、各家庭の食卓にも登場するようになったといいます。

ご飯の上に具材を乗せて、熱々の鶏のスープをかけていただくのが現在の鶏飯の基本スタイルです。

乗せる具材は、鶏肉・錦糸卵・しいたけが中心で、これにパパイヤの漬物、のり、ネギ、タンカンの皮、紅ショウガなどをお好みで加えます。縁起の良い数の7品を乗せるのが基本だそうです。

各店舗ご自慢のスープはそれぞれ違う味わいが楽しめます。ぜひ、お好みの鶏飯を探してみてください。

鶏飯が食べられるお店

 

Keihan rice

Amami’s local dish Keihan rice used to be served to the Satsuma clan.Since then people cook it for visitors and on special occasions.

We put shredded chicken,sliced omelette and mushrooms,pickled papaya,sprinkled seaweed,spring onions,tankan orange peel and ginger on rice.

Then pour hot chicken broth on the top.Basically the seven kinds of ingredients are a lucky number.Each family and restaurant has a different recipe.Please try it.

お問い合わせ

龍郷町役場 企画観光課

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4512

ファックス:0997-62-2535

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3