本文へスキップします。

ホーム > 観光情報 > ハブに出会ったら

更新日:2019年7月24日

ここから本文です。

ハブに出会ったら

ハブ

奄美には猛毒を持つハブが生息しています。奄美の森にハブがいることで自然が守られてきたということもありますが、人の領域に現れたハブは危険です。

ハブは太陽の光が苦手で夜行性のため、日中は茂みの中や穴の中に潜んでいます。冬でも冬眠することはありません。むやみに草むらの中に入らず、夜道を歩く時には懐中電灯を持って足元に気をつけましょう。

万が一、咬まれた時には周りに助けを求め、走ったりせず安静を保つことが大事です。傷口より心臓に近いところを縛って毒が体内に広がるのを遅らせるとともに、できるだけ早く病院に行き、血清などの治療が必要です。

ハブに咬まれないために…

ハブといえばすごく恐ろしい動物ですが、ハブの習性を知っていれば滅多に遭遇することはありません。ハブに咬まれないために、ハブの知識を身に付けておきましょう。

  • 夜道は道路の中央を歩く。
  • 不用意に草むらに入らない。
  • 夜は照明を持って歩く。
  • 草むらに入るときは深い長靴を履き肌の露出を避け、棒で叩きながら進む。
  • 小屋などに入るときは、上下左右・頭上を確かめてから入る。

山や森に入るときには、地元のガイドに案内してもらい、ガイドの指示を守る。

 

Habu Snakes

A poisonous snake called the Habu lives on Amami.People say that they protect the forest,but the Habu can be dangerous.

Habu snakes don’t like sunlight.Normally they hide in long grass and holes.They don’t hibernate,so don’t walk in high grass and use a torch at night.

If you are bitten,call for help but remain calm.Tie limbs above the bite and go straight to hospital and get an antidote.

How Not to Get Bitten!

Learn about the snakes,so as to not get bitten.

Walk in the centre of the paths at night.

Carry a torch.

If you need to walk in long grass,wear high boots,cover your extremeties and beat the ground with a stick.

If you need to enter old buildings,check all around first.

If you walk in the forests or mountains,go with a guide.

 

 

お問い合わせ

龍郷町役場 企画観光課

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4512

ファックス:0997-62-2535

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3