本文へスキップします。

ホーム > くらし > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 高齢者予防接種 > 高齢者インフルエンザ予防接種

更新日:2022年10月26日

ここから本文です。

高齢者インフルエンザ予防接種

龍郷町では、インフルエンザ予防のため65歳以上の方のインフルエンザ予防接種助成を実施します。

対象の方は案内文書をお送りしていますので、ご確認ください。

対象者

  • 満65歳以上の方
    ※必ず65歳の誕生日を迎えてから接種してください。
  • 60歳~65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器系の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方

接種期間

令和4年10月1日~令和5年1月31日まで

接種回数

1回

持参する物

  • インフルエンザ予防接種の予診票(水色)
  • 接種料(自己負担金):1,000円
    ※生活保護世帯は無料(予診票の右上に減免印あり)

注意事項

  • ワクチンの入荷状況が医療機関により異なるため、必ず医療機関に予約をしてください。
  • 予診票は、予防接種の可否を決める大切な情報です。
    接種する方が記入し、正しい情報を接種医に伝えてください。

インフルエンザ予防接種って受けないといけないの?

インフルエンザの予防の基本は、流行前に予防接種を受けることです。

100%予防することはできませんが、重症化を予防できます。

インフルエンザに対する抵抗力がつくには、接種後約2週間程度かかり、その効果が持続する期間は約5か月間とされています。

流行する前に接種しましょう。

インフルエンザって、風邪じゃないの?

風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状が中心です。
熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によって起こる病気です。
38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。

また流行性があり、短期間に多くの人へ感染が拡がります。

高齢者がインフルエンザに感染すると、持病が悪化したり、合併症を引き起こし、重症化しやすくなるので注意が必要です。

インフルエンザの予防には、予防接種だけでなく、日々の感染防止が大事

  1. 手洗い・うがい
    手洗いは、石鹸を使って15秒以上洗いましょう。
  2. 日頃からの健康管理
    十分な栄養と休養(睡眠)で体力や抵抗力を高めましょう。
  3. マスクの着用
    感染した人がマスクを着用することで、他の人への感染を防ぐことができます。
    とっさにくしゃみが出そうなときは、顔をそらし、ティッシュなどで口と鼻をおおいましょう。

予防接種を受ける前に

1.予防接種を受けることができない人

  1. 明らかに発熱のある人
    通常、体温が37.5度以上を指します。
  2. 重篤な急性疾患にかかっている人
    「重篤かつ急性」の疾患にかかっている場合には、病気の進展状況が不明であり、このような状態においては予防接種を見合わせるのが原則です。
  3. 予防接種の接種成分によって、アナフィラキシーショックを起こしたことが明らかな人
    「アナフィラキシー」というのは通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。
    発汗、顔が急に腫れる、全身にひどい蕁麻疹が出る、吐き気、嘔吐(おうと)、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です。
  4. インフルエンザの予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられた者、及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を起こしたことがある者
  5. その他、医師が不適当な状態と判断した場合
    上の1~4に当てはまらなくても、医師が接種不適当と判断した時は接種できません。

2.予防接種を受けるに際に、担当医師とよく相談しなければならない人

  1. 心臓血管系疾患、腎臓病、肝臓病や血液疾患、その他慢性の病気で治療を受けている人
  2. 今までにけいれんを起こしたことがある人
  3. 今までに免疫不全の診断がされている人、及び近親者に先天性免疫不全症の人がいる人
  4. 間質性肺炎、気管支喘息等の呼吸器系疾患を有する人
  5. 接種しようとする接種液の成分に対してアレルギーを起こすおそれのある人

3.予防接種を受けた後の一般的注意事項

  1. 予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。
    医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
  2. インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。
  3. 接種後1時間を経過すれば、入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。
  4. 接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、接種部位を清潔に保ち、激しい運動、大量の飲酒は避けましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常反応や体調変化がみられた場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

4.副反応について

まれに接種直後から数日中に、発疹、蕁麻疹、紅斑、痒み等が現れることがあります。
また、発熱、悪寒、頭痛、だるさの全身症状や、接種部位が赤みをおびたり、腫れたり、痛み等の症状を認めることがありますが、通常2~3日中に消失します。

重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)が現れることがあり、そのほとんどは接種後30分以内に生じますが、まれに接種後4時間以内に起こることもあります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

龍郷町役場 保健福祉課

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4514

ファックス:0997-62-2535

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3