本文へスキップします。

ホーム > 町政 > 町の施設 > 奄美自然観察の森 > お知らせ > ホタルの観察について

更新日:2019年6月4日

ここから本文です。

ホタルの観察について

奄美で見られるホタルは

  1. オキナワクシヒゲホタル
  2. オキナワスジボタル
  3. キイロスジボタル
  4. アマミアカミナミボタル
  5. アマミクロミナミボタル
  6. アマミヒゲボタル
  7. アマミマドボタル
  8. スジグロボタル
  9. クロイワボタル

上記9種類ですがよく見られるのはキイロスジボタルです。

キイロズジボタル

成虫が4月~11月にかけて発生しますが、奄美では6月~8月によく見られます。

雨が降らず風がないときがいいですが、できれば曇り空のほうが良いです。

最もよく見られるのは6月~7月が一番多いです。8月になると数が減り9月ぐらいにまた少し数が多くなります。

一番光る時間帯

日没前あたりから大体1時間ぐらいが、よく光り数も多いです。1時間を超えると次第に数が減ってきます。

ホタル観察時の注意事項

  1. 大きな音をださない。(大きな声や携帯電話等の使用は控えましょう。静かにそっと観察しましょう。)
  2. 光はなるべく出さない。(強い光などを非常に嫌うので、懐中電灯やカメラのフラッシュなどは当てない様にしましょう。)
  3. ホタルは絶対に捕まえない。
  4. 草むら等には絶対にはいらない。(ハブ等の毒蛇に出くわしたり、転倒等のケガをしない様に防げる危険は防ぎましょう。)
  5. 観察ポイントでは虫よけスプレー等は使用しない。(事前に使用してからポイントに行きましょう。
  6. 観察ポイントに駐車したりせず少し離れた場所に駐車しなるべく徒歩で行きましょう。

ホタルの光は人の目には見えますが、光が弱いため普通のカメラで撮影できません。特殊なカメラでないと撮影できません。

移動や安全確認のために懐中電灯を使用するのは仕方がありませんが、なるべく弱い光(懐中電灯に赤いセロハンを貼ったりして使用するのがいいでしょう。)

生き物の生活している場所に入っていくわけですから将来的にずっと観察していけるように、ホタルや周辺に生活している他の生き物にも配慮して安全かつ楽しく観察しましょう。

 

Text:奄美自然観察の森、自然観察指導員、川畑力

お問い合わせ

龍郷町役場 企画観光課

894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地

電話:0997-69-4512

ファックス:0997-62-2535

奄美自然観察の森
所在地:〒894-0324鹿児島県大島郡龍郷町円1193番地
電話:0997-54-1329
E-mail:nagakumo_forest@tatsugo-amami.jp

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3