本文へスキップします。

更新日:2022年5月18日

ここから本文です。

2月27日の給食

  • 麦ごはん
  • 豚汁
  • いわし丸干し
  • たけのこの梅和え
  • 牛乳

菊次郎さんの足跡を追った給食、最終日はさつま町です。京都市長の激務で体を壊した菊次郎さんは鹿児島に帰って静養したのち、さつま町永野金山の鉱業館館長に就任します。そこでも地域のために尽力し、多くの人に感謝されました。

献立作成に当たり、さつま町にお住まいの方やさつま町の広報誌等から情報を得ました。

菊次郎さんが勤めていた永野金山は山地なのでおそらく海産物は塩干品。川魚は鮎などは獲れていただろう。イノシシや鹿なども食べていたはず。竹林も多いのでたけのこもあっただろう。ということでこの献立にしました。

さつま町では菊次郎さんの金山での功績を称え、永野地区特産の梅に「薩摩西郷梅」と商標登録し、学校給食に西郷梅の梅干しを出しているそうです。

227

菊次郎さんのゆかりの地を巡った4回の給食で、菊次郎さんのことを少し知ることができたでしょうか。

お問い合わせ

龍郷町役場 給食センター

894-0104 鹿児島県大島郡龍郷町浦26-ロ

電話:0997-62-5570

ファックス:0997-62-5571

ページトップへ

reserve1

reserve2

reserve3