西郷南洲謫居跡

1859年1月。後に明治維新で活躍する西郷隆盛が砂糖運搬船「福徳丸」から、龍郷阿丹崎の地に降り立ちました。この時、西郷は32歳でした。
西郷を抜擢した名君、島津斉彬が急死し、藩主となった島津久光から奄美大島に潜居を命ぜられ、失意の内にあったと言われています。
龍郷で暮らした3年間で、西郷は龍家の愛加那を妻に迎え、後の京都市長で本町の名誉町民である菊次郎と菊子の二人をもうけました。
西郷南洲謫居跡では、ゆかりの品や西郷が手植えした桜、勝海舟から贈られた碑文などが展示されています。
※「謫居(たっきょ)」とは:罪によって自宅に引きこもったり遠くの土地に流されたりすること。西郷南洲謫居跡

見学について(※要事前予約)

西郷南洲謫居跡は個人が所有・管理している施設で、敷地も私有地となっております。
【入場料金】 小中学生100円  高校生以上200円
【開館時間】 午前10時~午後5時
【休  館】 不定休
【駐車場】 5台(無料)
【問合せ先】 〒894-0321 大島郡龍郷町龍郷166

        西郷南洲謫居跡 電話0997-62-3368

         〒894-0004 奄美市名瀬鳩浜町208‐2
        龍 昭一郎 電話0997-53-2897

場所


大きな地図で見る

地図情報へのリンク

関連情報

西郷松

お問い合わせ

産業振興課
電話:0997-69-4524
ファクシミリ:0997-62-2535